医療法人社団 松下会 プライバシーポリシーサイトマップお問い合わせ
トップページ|東生駒病院|診療科のご案内|内科
診療科のご案内
内科のご案内
診療内容と特徴
特色として
当内科では、地域の患者様のために多岐に渡る内科疾患の早期診断、低侵襲治療に対応しています。私どもは一人の医師が主治医として患者様の医療情報を一元的に把握し、包括的に診断、治療を完結することを目標にしています。

診療内容として
当内科では、一般的な内科疾患に加えて消化器疾患、循環器疾患、呼吸器疾患、高血圧、糖尿病、また多疾患を持つ患者様を総合的に診療していくことを心がけております。

取扱い疾患など
糖尿病
我が国の糖尿病患者数は増加の一途ですが、糖尿病は血糖値が高いのみならず、網膜(もうまく)症、腎症や神経症など全身に合併症を引き起こす全身疾患です。早期の診断、治療開始とこの疾患の全容を理解していただき、病気と向き合って治療を行うことが大切です。
当院では医師、看護師、薬剤師、検査技師、栄養士による糖尿病の勉強会をしており新しいガイドラインに沿った治療をしております。
また高血圧症や高脂血症、高尿酸血症などメタボリックシンドロームについても御相談ください。

循環器疾患
高血圧や心臓の病気(狭心症、心筋梗塞、心筋症、不整脈など)を対象に診療を行っています。動悸、息切れ、胸や背中の痛みなど気になる症状がありましたら早めにご来院ください。検査では、心臓超音波検査などを疾患の早期診断、治療に役立てております。

呼吸器疾患
薬を飲んでもなかなか咳が治らないときや、二週間以上続く咳の場合、マイコプラズマ肺炎、百日咳、喘息、結核、肺癌などが原因のことがあります。咳や痰、息苦しさなどが長引く時にはぜひ一度ご相談下さい。当内科では、胸部レントゲン撮影・CT検査・喀痰検査などで、総合的に診断し、早期治療につとめております。
中年以降の喫煙者に重要な疾患として肺気腫などの慢性閉塞性肺疾患(COPD)があります。現在のところ有効な治療法がなく、末期には肺でのガス交換がうまくいかなくなります。この疾患にはまず禁煙が不可欠であり、胸部レントゲン、CT、呼吸機能検査などでの現状の把握、肺炎の予防(風邪の予防)、インフルエンザの予防が必要となります。当内科では、在宅酸素療法、またリハビリテーション科と連携した呼吸器リハビリテーションを行っておりますのでご相談ください。

担当医師
▼常勤
森田 康裕(病院長)
・医学博士
・日本内科学会専門医
・日本内科学会認定医
・日本糖尿病協会認定医
・日本心脈管作動物質学会認定
・日本生涯教育認定医
  古山 裕章(副院長)
・医学博士
・日本消化器外科学会専門医
・日本がん治療学会認定医
・日本肝胆膵外科学会技術指導医
  辻本 伸宏(医長)
・日本内科学会専門医
・日本内科学会認定医
▼非常勤
南方民枝
・日本内科学会認定医
・日本医師会認定産業医
・日本循環器学会専門医
・日本内科学会総合内科専門医
 
         

外来担当医表
▼午前外来診察 / 午前9時〜12時
 
内科 一診 森田 康裕 古山 裕章 森田 康裕 古山 裕章 辻本 伸宏 担当医
二診 - - - - - -

東生駒病院
ご挨拶
外来と入院のご案内
外来担当医表
診療科のご案内
内科
リハビリテーション科
訪問リハビリ
専門外来
漢方外来
小児リハビリテーション
交通のご案内
アクセスマップ/付近図



漢方外来
漢方外来
  小児リハビリテーション
小児リハビリテーション
PAGE TOP

Copyright © MATSUSHITAKAI All Rights Reserved.