平成27年度 医療法人社団 松下会 白庭病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 2 34 28 56 90 163 393 635 554 185
全体でみると、60歳代以上の患者様が多く、全体の約8割(82.6%)を占めており、地域の高齢化も影響しております。
19歳未満の方では腸炎や気胸、骨折が多く、20歳代~40歳代で入院される方の疾患は多種多様です。
30歳代後半になると、喘息や気管支炎等の呼吸器系疾患が増え、50歳になると悪性疾患がこれに加わります。
整形外科では、椎間板ヘルニアは年齢層に関係なく、若年層から高齢者まで入院されています。
脊椎疾患(特に脊柱管狭窄)や関節系疾患等の加齢性変性疾患は50歳代から増加しています。
80歳以上になると肺炎や心不全にならんで、大腿骨頚部骨折の方が多くなっております。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 72 22.89 14.34 13.89% 77.44
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 70 42.14 21.69 21.43% 84.37
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 30 25.2 18.3 6.67% 88.27
内科では肺炎の患者様が最も多く、誤嚥性肺炎(食べ物や唾液などが誤って気管に入り、肺に流れ込んだ細菌が繁殖することで起こる肺炎)を含めると、内科疾患全体の25%を占めています。
在院日数が全国平均より長くなる傾向にあり、平均年齢も高くなっております。
当院では治療期間を充分にもうけ、必要に応じたリハビリテーションを提供し、ご自宅や施設への復帰を目指しています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060335xx0200xx 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 27 4.0 7.84 0.00% 60.70
040200xx01x00x 気胸 肺切除術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 9 7.89 9.68 0.00% 23.33
060040xx02x00x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 肛門悪性腫瘍手術 切除等 手術・処置等2なし 副傷病なし 7 17.0 18.36 0.00% 67.86
外科で最も多いのは胆のう結石症や胆のう炎であり、侵襲の少ない腹腔鏡下での手術を積極的に行っております。
当科の特徴として在院日数が全国平均より短いことがあげられ、安全を最優先に考慮した手術や術後管理を行い、幅広い疾患に対して、できるだけ早期に軽快・退院できることを目標にしております。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070343xx97x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 その他の手術あり 手術・処置等2なし 147 16.11 18.44 2.04% 70.98 腰(固定術)
腰の手術
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 127 29.76 27.21 4.72% 73.80 膝の手術
07040xxx01xx0x 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 定義副傷病なし 85 26.02 24.95 0.00% 68.38 股関節手術
当院の整形外科は、脊椎疾患に対する椎弓形成術、椎間板ヘルニア摘出術、椎体固定術、椎体固定術が多く、
関節疾患(膝関節・股関節)については人工関節置換術が多くなっています。
その他、手外科の領域として上肢の疾患に対する各種手術治療目的の患者様が多いのも特徴です。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x099000x 脳梗塞(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 34 14.79 15.80 29.41% 79.21
010060x099030x 脳梗塞(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等23あり 定義副傷病なし 12 25.0 18.08 33.33% 77.42
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 12 12.5 10.02 16.67% 72.83
脳神経外科は医師体制が大きく変わり、常勤医2名・非常勤医3名による脳神経系疾患全般を幅広く対応しています。
脳卒中への緊急対応も積極的に行い、本年度は脳神経外科疾患の約3割が脳梗塞の急性期入院でした。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020200xx99x4xx 黄斑、後極変性 手術なし 手術・処置等24あり 29 2 2.53 0.00% 79.21
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2なし 2 3 3.54 0.00% 85.50
020240xx97xxx0 硝子体疾患 手術あり片眼 2 3 7.42 0.00% 88.50
眼科での入院は白内障に対する手術目的の短期入院となりますが、DPC対象症例ではないためカウントされていません。
常に患者様との対話を大切にし、Quality Of Visionの考えのもと、それぞれの疾患に応じた治療法の選択を第一に考えております。疾患により、日帰り手術も積極的に行っております。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 13 10.08 7.59 0.00% 70.54
11012xxx99xx0x 上部尿路疾患 手術なし 副傷病なし 3 6.67 4.74 0.00% 56.67
110310xx99xxxx 腎臓または尿路の感染症 手術なし 3 11.33 12.6 0.00% 60.67
泌尿器科で最も多い入院は、前立腺癌(疑い)に対する前立腺針生検(前立腺の組織検査)を目的とした1泊2日入院ですが、DPC対象症例ではないためカウントされていません。
膀胱癌での入院は、泌尿器科入院全体の約4割であり、経尿道的膀胱悪性腫瘍手術(TUR-Bt)目的がほとんどです。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 1 0 4 0 1 3 1 7
大腸癌 2 5 3 2 3 6 1 7
乳癌 0 0 0 0 0 0 1
肺癌 0 0 0 0 2 3 1 7
肝癌 0 0 0 0 1 3 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
当院で診断・治療を受けられた患者数としては、大腸癌が最も多く、次いで胃癌となっています。
当院では、内視鏡的治療、低侵襲鏡視下手術(胸腔鏡や腹腔鏡など)、開腹手術などの高度な手術をしながら化学療法(抗がん剤治療)など、患者様一人ひとりのご希望に合わせた治療法を選択し、短期間で軽快することに重点を置いています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 12 11.6 55.4
重症度 1 15 14.3 79.5
重症度 2 18 32.6 81.2
重症度 3 12 38.8 86.8
重症度 4 3 62.3 84.0
重症度 5 0 0.0 0.0
不明 1 142 87
患者数は中等症(重症度1または2)の方の割合が最も多く、全体の54%となっています。
当然ながら重症になるほど平均在院日数が長くなり、重症度が高くなると80歳以上の高齢者が多くなっています。
肺炎は、当院内科に入院される最も多い疾患です。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 12 6.33 66.00 0.00%
その他
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 -
I63$ 脳梗塞 3日以内 57 22.74 80.40 30.30%
その他 9 36.33 76.89 7.58%
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内
その他 1 37.00 66.00 0.00%
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> -
I679 脳血管疾患,詳細不明 -
脳梗塞は、発症して早期に入院される患者さんがほとんどで、発症3日以内の急性期脳梗塞が72%となっております。
当院における急性期脳梗塞による入院の、4分の1の患者さんが救急入院でした。
平均年齢は80歳と高齢者の方が多くなっています。
当院では約1か月程度のご入院で、急性期治療とリハビリテーションを行い、ご自宅や施設への復帰を目指しております。
約3割の患者様については、さらなる継続的なリハビリのために、回復期リハビリテーション病院等へ転院されます。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満 73 0.15 1.11 0.00% 65.68
K664 胃瘻造設術 16 24.38 71.38 43.75% 84.00
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 10 1.60 10.30 20.00% 80.30
内科では、大腸ポリープに対する内視鏡的ポリープ・粘膜切除術を最も多く行なっております。当科では1泊2日での入院を基本として、患者さんの苦痛や負担が軽減できるように努めております。
2番目の胃瘻造設術は、適応となる患者さんの原疾患(脳血管障害等)の影響で在院日数は長くなっています。
胆石や胆管癌などの胆道疾患に対して行われる内視鏡的胆道ステント留置術は、胆汁の流れが障害され、黄疸や胆管炎を起こしている場合に、内視鏡を用いてステントを挿入して胆汁の流れをよくする処置です。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 ヘルニア手術 鼠径ヘルニア 54 0.13 1.04 0.00% 68.13
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 28 1.07 2.50 0.00% 61.25
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満 13 0.00 1.08 0.00% 74.38
当院外科の手術件数は、鼠径ヘルニアにたいする根治手術が最も多くなっております。
胆のう炎の場合にも、侵襲の少ない腹腔鏡下摘出手術を行っており、緊急手術にも対応しております。
消化器領域については良性疾患から胃・大賜などの悪性腫瘍まで、また気胸や下肢静脈瘤などの幅広い疾患を対象としております。
「安全な手術」を第一の目標とし、患者様のいたみを軽減できる工夫おこない、入院期間の短縮をはかっております。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術 肩、股、膝 214 2.03 27.79 2.80% 71.50 膝の手術
股関節手術
K1426 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 椎弓形成 186 1.64 15.54 2.69% 70.55 腰(固定術)
K1342 椎間板摘出術 後方摘出術 61 1.38 10.62 1.64% 53.97 腰の手術
整形外科の手術件数で多くなっているのは、関節センターの人工関節置換術で、疾患の内訳は膝関節症126例、股関節症77例、その他11例でした。
2番目と3番目の手術は脊椎センターで行っており、椎弓形成術の約8割は腰部脊柱管狭窄症に対する手術で、椎間板後方摘出術のその殆どが腰椎椎間板ヘルニアに対する手術です。
最新設備と様々な医療機器を用いた手術に力を注いでおります。近年は整形外科領域の中でも専門化が進んでおり、当院では日本整形外科学会認定専門医が、関節疾患、脊椎疾患、手外科、骨折治療などそれぞれの専門分野を、互いに協力して診療を行っております。
また、術後早期よりリハビリテーションを行い、二次的合併症(筋力低下や関節拘縮等)の防止にも積極的に取り組んでおります。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 12 0.42 13.00 25.00% 77.17
K1642 頭蓋内血腫除去術(開頭して行うもの) 硬膜下のもの 5 6.20 23.40 20.00% 79.40
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術 その他のもの 3 4.00 18.00 66.67% 78.67
脳神経外科では6月以降に常勤医の体制が充実し、24時間緊急手術対応ができる態勢にもどりました。
27年度は53例の手術をおこない、最も多かったのは慢性硬膜下血腫に対する穿孔洗浄術です。
当院には最新の画像診断機器が整備されており、脳ドックとともに脳神経系疾患の早期診断と治療に力を入れております。
さらに、術後は早い段階より、充実したセラピスト介入によるリハビリテーションを行い、関連施設と密な連携を図りながら患者様の日常生活の向上支援を行っております。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821 水晶体再建術 眼内レンズを挿入する場合 その他のもの 169 0.26 1.01 0.00% 76.80
K279 硝子体切除術 2 0.50 1.50 0.00% 88.50
K2191 眼瞼下垂症手術 眼瞼挙筋前転法 1 1.00 1.00 0.00% 86.00
眼科の入院では白内障手術がほとんどで、日帰り手術や、1~2泊の短期入院の患者様がほとんどです。
硝子体手術が必要な網膜硝子体疾患の場合、関連病院の大阪市立大学等へ治療を依頼する場合もあります。
ほかに眼瞼下垂、霰粒腫、内反症、翼状片などの疾患については、外来にて手術を行うことが可能です。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 その他のもの 12 0.00 9.17 0.00% 71.08
K8412 経尿道的前立腺手術 その他のもの 3 10.00 11.67 0.00% 73.33
K821-3 尿道ステント前立腺部尿道拡張術 2 6.50 5.00 0.00% 79.50
泌尿器科で最も多い手術は、膀胱癌に対する経尿道的膀胱悪性腫瘍手術(TUR-Bt)です。
手術は、開腹せず内視鏡を用いて、膀胱腫瘍を切除する治療です。切除した腫瘍が、良性の腫瘍あるいは“表在性膀胱がん”であれば、この手術が根治的治療となり“浸潤性膀胱がん”であっても、がんの状態を評価して今後の治療方針を決定するために必要な手術です。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 0 0.00%
異なる 1 0.05%
180010 敗血症 同一 0 0.00%
異なる 3 0.14%
180035 その他の真菌感染症 同一 0 0.00%
異なる 0 0.00%
180040 手術・処置等の合併症 同一 6 0.28%
異なる 2 0.09%
手術・処置などの合併症にあたるものとして、感染症および合併症の発生率を示したものです。
厚生労働省による平成26年度のDPC対象病院全国平均は、(上から順に、)播種性血管内凝固「0.17%」、敗血症「0.56%」、その他の真菌症「0.04%」、手術・処置等の合併症「0.70%」であり、当院はいずれも全国平均以下の発症率でした。
手術や術後の合併症は、人工関節感染や人工関節のゆるみ、水頭症のシャント機能不全によるものでした。
当院では術後の合併症をできるだけ予防回避できるよう、医師・看護師、コメディカルスタッフが協力して改善に努めています。
更新履歴
2016/09/30
白庭病院の病院指標を公開しました。