Department

HOME  >  診療科のご案内  >  皮膚科

皮膚科

特色

皮膚は体表面を覆う身体最大の臓器であり、外からの物理的刺激から身体を守るだけではなく、水分の蒸発や体液の漏出を防ぐ、体温調節の役割をする、紫外線のダメージから身を守る、体内の老廃物を排泄するなどの様々な働きをする重要な臓器です。皮膚は外的因子によって障害されることもありますが、薬剤、ウイルス、細菌感染、内臓や血液、精神的な異常に対しても反応し、それらを我々に教えてくれる役割を果たす場合もあります。そのような皮膚の異常に対し診療を行うのが皮膚科です。当科は、大阪市立大学皮膚病態学教室の関連病院施設として開設され、主に日常でよくみられる一般的な皮膚病を対象として、地域医療に貢献しております。

取り扱い疾患など

外来診療では、かぶれ(接触皮膚炎)、虫刺され、アトピー性皮膚炎、尋常性乾癬、水虫(白癬症)、みずぼうそう(水痘)、みずいぼ(伝染性軟属腫)、ニキビ(ざ瘡)、老人性イボ(脂漏性角化症)などの診療をはじめとした皮膚科全般の治療を行っております。ダーモスコピーによるホクロの診察、液体窒素によるイボの冷凍療法、難治性皮膚疾患に対する漢方療法なども行っております。皮膚のトラブルならお気軽にご相談ください。

担当医師

▼ 非常勤

  • 米澤 栄里
  • 白鳥 実友
  • 大村 玲奈
  • 水上 裕加里

外来担当医表

▼午前外来診察 / 午前9時~11時半 (受付時間 午前8時半~11時半)

 
皮膚科 米澤栄里
(11時半迄)
- 白鳥実友
(11時半迄)
大村玲奈
(11時迄)
水上裕加里
(11時半迄)
-

▼午後/夜間外来診察は行っておりません。

診療科・部門一覧へ戻る