Department

HOME  >  診療科のご案内  >  眼科

眼科

特色

当眼科は大阪市立大学医学部視覚病態学教室の関連病院施設として平成8年4月に東生駒病院に開設以来、地域医療に携わってまいりました。平成20年8月、白庭病院新規開設に伴い眼科も移転、現在常勤医師3名、非常勤医師2名、視能訓練士3名、OMA1名の体制で診療にあたっております。当科は検査、手術において十分にインフォームドコンセントを行い、患者様に理解していただくことをモットーにしております。また常に患者様との対話を大切にし、Quality of Visionの考えのもと、それぞれの疾患に応じた治療法の選択を第一に考えております。

現在は白内障手術を中心に、種々の手術を行っております。白内障手術については、より安全で低侵襲の手術を提供するため、白内障手術機器、「Alcon社製 INFINITI」を使用してます。患者様の短期間での社会復帰が可能となるため、日帰り手術や1泊~2泊の短期入院をおすすめしております。また、ゆっくり入院して治療を受けたい患者様の相談にも応じております。 硝子体手術が必要な網膜硝子体疾患の場合、大阪市立大学医学部視覚病態学教室はじめ硝子体手術に対応している施設へ治療を依頼しています。ほかに眼瞼下垂、霰粒腫、内反症、翼状片などの手術においては外来手術を行っております。 レーザー治療もすみやかな加療ができるよう、心がけております。対象疾患は、糖尿病網膜症、網膜裂孔、網膜静脈閉塞症、中心性漿液性網脈絡膜症、閉塞隅角緑内障発作などです。

平成21年末には、眼底疾患の診断に有用な最新鋭のスペクトラルドメインOCT(光干渉断層計)「ハイデルベルグ社製 Spectral is™ HRA+OCT」を導入しました。0.5mmにも満たない厚さの網膜の断面を非常に詳細に描出することができるため、加齢性黄斑変性や糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞などの網脈絡膜疾患の診断に威力を発揮します。共焦点走査レーザー眼底鏡によるフルオレセイン蛍光眼底造影・インドシアニングリーン蛍光眼底造影検査も可能であり、眼底疾患の診断・治療方針の決定・治療効果の判定に役立てております。

特色01

特色02

取り扱い疾患など

外来診察では、一般眼科診療を行っております。主な対象疾患としては白内障、緑内障、ぶどう膜炎、網膜硝子体疾患(網膜剥離、糖尿病網膜症、網膜動脈閉塞症、網膜静脈閉塞症、網膜細動脈瘤、中心性漿液性網脈絡膜症、硝子体出血など)、視神経疾患(視神経炎、虚血性視神経症など)、眼外傷、角結膜疾患(結膜炎、角膜潰瘍、翼状片など)、眼瞼疾患(麦粒腫、霰粒腫、眼瞼下垂、内反症など)、涙道疾患(先天性鼻涙管閉塞症、涙嚢炎など)、屈折異常、斜視弱視などです。 難治性の網脈絡膜疾患や加齢性黄斑変性症の診断、治療方針などについては大阪市立大学医学部視覚病態学 河野剛也病院教授(第1、第3、第5土曜日の午前診)の特診で幅広く対応しております。加齢性黄斑変性症は以前は有効な治療法もなく難渋する疾患でしたが、近年あたらしい治療法が確立されてきました。 平成21年からは抗血管新生薬療法が保険適応として認められるようになりました。抗血管新生薬を直接眼内に注射することで新生血管の勢いを抑え、従来の治療法に比べて視力維持も可能と期待されております。当院でも抗血管新生薬療法を行っており、術後の感染症のリスクを極力低くするためクリーンな手術室で白内障などと同様の消毒を行った上で注射をしております。光線力学療法が必要な場合は大阪市立大学医学部視覚病態学教室に治療を依頼しております。 また、一般検査や特殊検査につきましても、視能訓練士がスムーズに行っております。一般検査は視力検査、眼圧検査、眼底検査、色覚検査、斜視検査などで、特殊検査としては蛍光眼底造影検査、超音波検査、動的量的視野検査、静的量的視野検査、網膜電位図、Hess検査、OCTなどです。 ご開業の先生方からのご紹介についても積極的に承っております。ほかに、高度医療を要する患者様にも大学病院などに迅速に紹介できる体制をとっております。

-御開業の先生方へ-
ご希望の検査のみでも遠慮なくお申し付けください。また糖尿病網膜症、高血圧、動脈硬化性眼底の診断、インターフェロン網膜症の経過観察のご紹介も承っております。
-受診されます患者様へ-
白内障や飛蚊症などの場合、散瞳剤を使用して眼底検査を行うことがあります。その場合、4~5時間ほどかすむため、車、バイク、自転車の運転が困難になります。眼底検査をご希望の患者様はバスまたは徒歩などの交通手段でお越しいただくようお願い申し上げます。 当科は外来受診いただいた際に、眼鏡処方やコンタクトレンズ処方をご希望の場合でも随時対応いたしております。ただし、コンタクトレンズは高度管理医療機器ですので、処方箋のみの発行はしておりません。 予約制を導入しておりますが、予約外の患者様(初診、再診)も診察しております。その場合、多少お待ちいただくことがございます。 ご不明な点などございましたら、眼科外来までお尋ねください。

担当医師

■ 常勤

  • 平林 倫子

    平林 倫子

    アイコン眼科(部長)

    アイコン金沢医科大学 (平成6年卒業)

    日本眼科学会専門医
    身体障害者福祉法指定医

  • 趙 晃国

    趙 晃国

    アイコン眼科

    アイコン大阪市大 (平成8年卒業)

    日本眼科学会専門医

  • 壷井 秀企

    壷井 秀企

    アイコン眼科

    アイコン熊本大 卒業

    日本医師会認定産業医

▼非常勤

  • 河野 剛也
  • 井上 祥子

外来担当医表

▼午前外来診察 / 午前9時~12時 (受付時間 午前8時半~12時、但し水曜のみ11時迄)

 
一診 平林倫子 趙 晃国 趙 晃国
[第1・3・5週]
(11時迄)
平林 倫子
[第2・4週]
(11時迄)
平林倫子 趙 晃国 平林倫子
二診 壷井秀企 井上祥子 井上祥子
(11時迄)
趙晃国 壷井秀企 河野剛也
[第1・3・5週]

▼午後外来診察 / 午後2時~4時 (受付時間 午後2時~4時)

 
一診 - 趙晃国 - 平林倫子 - -
二診 - - - 趙晃国 - -

▼夜間外来診察は行っておりません。

診療科・部門一覧へ戻る