閉じる
外科手術実績
                           【平成28年度 手術実績一覧】
 2016年度は1年間に172例の手術を行い、うち14例が緊急手術でした。内容は1)鼠径ヘルニア62例、2)胆嚢結石症31例、3)大腸癌手術13例と当科で多い疾患は変わらず、鼠径ヘルニアと胆嚢結石症手術で全手術症例の半数以上を占め、この2疾患については昨年よりわずかですが増加しています。日帰り手術も行っており、鼠径ヘルニアの手術後当日に退院された患者様もおられますが、ほとんどは術後1日目(手術の翌日)に退院されています。胆嚢結石症は全例で腹腔鏡下に手術を開始し、2例で炎症が著しく開腹移行となりましたが、ほか29例(94%)は腹腔鏡下に無事終了し、そのほとんどの患者様は術後2日目に退院されています。  ほか手術症例は、胃癌に対する胃切除、自然気胸に対する胸腔鏡下肺部分切除、下肢静脈瘤に対するストリッピング手術、痔核手術など多種多様な内容となっていることに変わりはありません。
  • 幽門側胃切除(胃癌)
  • S状結腸切除術(大腸癌)
  • ハルトマン手術(大腸癌)
  • 結腸右半切除(大腸癌)
  • 直腸高位前方切除(直腸癌)
  • 人工肛門増設術
  • 痔核手術(根治切除術)
  • 腹腔鏡下虫垂切除術
  • 腹腔鏡下胆嚢摘出術
  • 鼠径ヘルニア根治術(ダイレクトクーゲル法、プラグメッシュ法)
  • 大腿ヘルニア根治術
  • 胸腔鏡下肺部分切除(VATS)
  • CVポート挿入留置
  • 皮膚、皮下腫瘤摘出
  • 胃空腸バイパス術(十二指腸癌)
  • 回盲部切除術(大腸癌)
  • 横行結腸切除(大腸癌)
  • 直腸低位前方切除(直腸癌)
  • 人工肛門閉鎖術
  • 直腸粘膜脱手術
  • 開腹虫垂切除術
  • 開腹胆嚢摘出術
  •  
     
  • 臍ヘルニア手術
  • 下肢静脈瘤手術(ストリッピング)
  • 乳腺腫瘤摘出術
  • 陥入爪根治術