医療法人社団 松下会 プライバシーポリシーサイトマップお問い合わせ
トップページ|白庭病院|医療機器のご紹介
医療機器のご紹介
検査による早期発見は患者様の負担を軽減し、早期の社会復帰、家庭復帰を実現します。当院では、検査時の患者様の負担軽減と精度アップを配慮し、最新鋭の3.0テスラMRIをはじめ、320列エリアディデクターCT・乳房撮影装置・骨密度測定装置など各検査のできる医療機器を装備し、専門医による迅速な読影と、専門技師による検査体制をご用意しております。

また、白庭病院ではより適切で充実した医療を患者様に提供させていただくために、開業医様・クリニック様からの当院検査設備のご利用を推進しております。地域の先生方から、「検査のみ」を必要とする患者様をご紹介いただき、当院で検査を行い、速やかに画像情報および各種レポートをご提供し、患者様をお返しすることで地域医療連携に貢献いたします。
MRI Philips社製 Achieva3.0T
CT 東芝メディカルシステムズ社製 Aquilion ONE 320列エリアディテクターCT
東芝メディカルシステムズ社製 INFX-8000Cアンギオグラフィシステム(血管撮影装置)
主に脳血管、腹部血管、末梢血管の撮影を行い、血管の形状や血流の状態の動きなどを診て、病気の早期発見や診断・治療に役立てております。
この装置は12×16インチという大きなFPD(フラットパネルディテクタ)を採用しており、従来よりも広い視野で精細な画像を得ることができます。
回転デジタルサブトラクションアンギオグラフィ(回転しながら、造影剤を注入した画像から造影剤を注入していない画像をコンピュータ上で減算し、血管だけを抽出する技法)にて取得した血管のデータを、ワークステーションを用いてVR(立体可視化)処理し、任意の方向から血管の様子を観察することが可能です。
東芝メディカルシステムズ社製 INFX-8000Cアンギオグラフィシステム(血管撮影装置)
GEヘルスケア社製 DPX-BRAVO 骨密度測定装置
GEヘルスケア社製 DPX-BRAVO 骨密度測定装置
骨の密度を骨密度と呼びます。これがが減少すると、骨が弱くなり骨折しやすくなります。骨密度の少ない状態を骨粗しょう症といいます。現在、骨粗しょう症の診断および治療効果の判定に最も多く使用されている、微量のX線を腰椎測定部位に照射し腰椎・股関節などの骨量を測定するDXA法(デキサ法:二重エネルギーエックス線吸収測定法)を用いた骨密度測定装置です。
島津製作所社製 SEPIO Stage 乳房撮影装置
島津製作所社製 SEPIO Stage 乳房撮影装置
乳がんの早期発見に有効な方法として乳房撮影装置があります。また、当院にはマンモグラフィの認定医師・技師もおります。乳癌検診精度向上のため、最新鋭の乳房撮影装置、島津製作所 SEPIO Stageを設置しております。さらに高精度なデジタルマンモグラフィ画像を出力するため、富士フイルム社製CR(Computed Radiography)システムFCR PROFECT CSを用いております。
東芝メディカルシステムズ社製 ZEXIRAフラットパネルX線TVシステム
東芝メディカルシステムズ社製 ZEXIRAフラットパネルX線TVシステム
X線TVシステムとして東芝メディカルシステムズ社製、ZEXIRA X線TVシステムを設置しております。従来のI.I.(イメージインテシファイヤ)式と違い、大型の17インチの大視野FPD(フラットパネルディテクタ)を採用しており、まるで静止画像のような透視画像を得ることが出来るため、大幅な被曝低減に加えて、微細な病変を発見しやすくなりました。
フイルムレス画像システム
フイルムレス画像システム
当院は画像をコンピュータ上に保存し、モニタに表示するフイルムレスの画像システムを採用しております。
高精細モニタに大きく表示でき、また過去のデータをすぐに参照することが出来るため、診断の時間短縮に役立っております。
撮影した画像はDICOM形式のCD-Rに保存することが出来ます。
Spectral is™ HRA+OCT
ハイデルベルグ社製 Spectral is™ HRA+OCT(光干渉断層計)
眼底疾患の診断に有用な最新鋭のスペクトラルドメインOCT(光干渉断層計)「ハイデルベルグ社製 Spectral is™ HRA+OCT」を採用しております。
0.5mmにも満たない厚さの網膜の断面を非常に詳細に描出することができるため、加齢性黄斑変性や糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞などの網脈絡膜疾患の診断に威力を発揮します。共焦点走査レーザー眼底鏡によるフルオレセイン蛍光眼底造影・インドシアニングリーン赤外蛍光眼底造影検査も可能であり、眼底疾患の診断・治療方針の決定・治療効果の判定に役立てております。
NBI内視鏡検査システム
オリンパス社製 NBI内視鏡検査システム
狭帯域光観察/NBIは、粘膜組織や血中のヘモグロビンの光学特性に最適化したスペクトル幅の狭い光(狭帯域光)415mmと540mmの2つの光を使うことにより、ヘモグロビンを強く吸収させて、診断に関連する画像特徴のコントラストを向上させ、高い描出能力で表示します。狭帯域光観察/NBIは光学的な画像強調技術であるため、粘液の影響も受けにくく、色素散布の必要もありません。
FMD(血流依存性血管拡張反応)検査システム
ユネクス社製 FMD(血流依存性血管拡張反応)検査システム
脂質異常症、糖尿病、高血圧などの生活習慣病、動脈硬化と密接な関連があり、知らず知らずにうちに進行し、心筋梗塞、脳梗塞の原因となる恐ろしい病気です。
このFMD検査システムでは、腕の血管内の様子が3つの超音波画像から適切な位置で血管像が計測され、リアルタイムの血管径計測が可能となります。これにより、動脈硬化による血管壁の硬化に先立って起こる血管内皮細胞の機能障害を早期に発見することが可能となりました。
超音波診断装置Aplio500
東芝メディカルシステムズ社製 超音波診断装置Aplio500
特徴として、最新の画像エンジン(高速演算機能により、大量データを高速で処理)を搭載し、また多彩なアプリケーションにより、高速・フレキシブルな超音波ビームの形成が可能であり、高精細で滑らかな画像を実現。
生体内の組織の各々の特性によって生じるばらつきを機械が自動的に補正して、分解能(小さな病変などの描出能)を高める。腹部超音波検査においても画質はそのままで、従来の二倍のフレームレート(1秒間に何回画面を書き換えられるかを表す指標で、高いほど滑らか)を実現、小さな病変の検出能向上が期待される。
当院では超音波検査として、腹部・心臓・甲状腺・頸動脈・腹部造影の検査が可能となっております。
白庭病院
ご挨拶
外来と入院のご案内
外来担当医表
外来と入院について
診療科のご案内
内科
外科
整形外科
関節センター
脊椎センター
手外科
脳神経外科・
脳卒中センター
眼科
泌尿器科
皮膚科
リハビリテーション科
麻酔科
専門外来のご案内
糖尿病外来
睡眠時無呼吸外来
禁煙外来
セカンドオピニオン外来
病院概要
特徴と診療科目のご紹介
病院概要
交通のご案内
アクセスマップ/付近図

包括評価方式(DPC)による入院医療費のご案内
地域医療連携室のご紹介
連携医療機関のご紹介
医療機器のご紹介
看護部紹介
職員募集

脳神経外科
脳卒中センター
  関節外科
関節センター
脊椎外科
脊椎センター
  内視鏡検査
内視鏡検査
手外科
手外科
  日帰り手術
日帰り手術
糖尿病外来
糖尿病外来
  睡眠時無呼吸外来
睡眠時無呼吸外来
禁煙外来
禁煙外来
  セカンドオピニオン外来
セカンドオピニオン外来

PAGE TOP
Copyright © MATSUSHITAKAI All Rights Reserved.