医療法人社団 松下会 閉じる
業績・論文一覧

▼整形外科・手外科
 
医 師 名 安藤 佳幸(あんどう よしゆき)
経 歴 平成7年島根医科大学卒業。
国立大阪病院 整形外科研修医、特定医療法人三栄会 ツカザキ病院、社会福祉法人 大阪暁明館病院、医療法人藤井会 石切生喜病院、大阪府済生会中津病院、を経て現職へ。
専 門 手外科
資 格 日本整形外科学会専門医、日本整形外科学会認定リウマチ医、日本手外科学会認定手外科専門医
業 績 【論 文】
1. 安藤佳幸、安田匡孝、片岡威博、大橋弘嗣:背側ロッキングプレート固定による橈骨末端骨折の治療成績:日本手外科学会雑誌、26-4 253-256 2010
 
2. 安藤佳幸、安田匡孝、片岡威博、田島秀之、大橋弘嗣:肘部管症候群に対するEaton法:整形外科、61-2 105-108 2010
 
3. M. Yausuda,Y. Ando:A new variable angled locking volar plate system for Colles’ fracture: Outcome study and time-course improvement of objective clinical variables:Hand Surg,14-2-3 93-98 2009
 
4. Yoshiyuki Ando,Masataka Yasuda,Kenichi Kazuki,Noriaki Hidaka,Yasutaka Yoshinaka:Temporary Scaphotrapezoidal Joint Fixation for Adolescent Kienbock’s Disease:Journal of Hand Surgery,34A-1 14-19 2009
 
5. 安田匡孝、安藤佳幸、大橋弘嗣:橈骨末端骨折用掌側プレートの不具合例:整形外科、59-12 1481-1484 2008
 
6. M. Yasuda,Y. Ando,M. Masada:Treatment of scaphoid nonunion using volar bioconcave cancellous bone grafting:Hand Surg,12-2 1-6 2007
 
7. 安藤佳幸、安田匡孝、大橋弘嗣:外傷性母指中手指節関節脱臼の1例:整形外科、58-12 1589-1591 2007
 
8. 安藤佳幸、安田匡孝、吉中康高、大橋弘嗣:キーンベック病に対する外科的治療成績―メタアナリシス−:日本手の外科学会雑誌、23-5 476-479 2006
 
9. 吉中康高、安田匡孝、安藤佳幸、大橋弘嗣、安並敏哉:上腕骨小頭骨折に対する観血的整復固定術:日本手の外科学会雑誌、23-4 309-312 2006
 
10. Yoshiyuki Ando,Masataka Yasuda,Kazuki Goto:Is Ulnar variance Suitable for a Parameter of Colles’ Fracture Pre-operatively?:Osaka City Med. J., 52 63-66 2006
 
11. 安田匡孝、橋本英雄、安藤佳幸、越宗勝:橈骨末端骨折に対する新しい掌側ロッキングプレート固定システム:整形外科、57-3 349-352 2006
 
12. Masataka Yasuda,Kazuhiro Masada,Eiji Takeuchi,Yoshiyuki Ando:Scaphotrapeziotrapezoid arthrodesis for the treatment of Lichtman stage 3B Kienbock disease:Scand J Plast Reconstr Surg Hand Surg,39-4 242-246 2005
 
13. 安藤佳幸、安田匡孝、奥田均、釜野雅行:小指中節骨に発生した骨膜性軟骨腫の1例:整形外科、54-1 53-55 2003
 
14. Yoshiyuki Ando,Masataka Yasuda,Hitoshi Okuda,Masayuki Kamano:Irreducible Dorsal Subluxation of the First Metatarsophalangeal Joint: A Case Report:Journal of Orthopaedic Trauma,16 134-136 2002
 
15. 安藤佳幸、安田匡孝、奥田均、釜野雅行:外傷性母指手根中央関節脱臼の1例:整形外科、52-1 80-81 2001
 
16. 安田匡孝、奥田均、安藤佳幸、釜野雅行:STT関節固定術による治療成績:日本手の外科学会雑誌、17-2 177-180 2000
 
17. 安田匡孝、安藤佳幸、奥田均、釜野雅行:尺骨茎状突起骨折保存的療法例の予後: 骨折、22 635-637 2000
 
18. 安田匡孝、奥田均、安藤佳幸:Matched ulna resection arthroplastyの経験:中部日本整形外科災害外科学会雑誌、42 189-190 1999
 
19. Murase T,Ando Y,Hiroshima K:Extensor tendon rupture due to Kienbock's disease:Journal of Hand Surgery,22B-5 597-598 1997